フォントの選択

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

名刺作りをする際に、まず最初に考えるべきなのが「フォント」です。同じように名前や所属が書いてあるとしても、フォント一つで読みやすさが違い、与える印象も違ってきます。まず注意しなければならないのが、いくつものフォントを使うのは辞めた方がよい、ということです。一つ一つのフォントを変えると、全体にまとまりがなく散らかった印象になってしまいます。

そのため、統一感を持たせるためにも、見出しに当たる分と、本文に当たる部分に分けて、最大で二種類のフォントにする、ということを心がけましょう。見出しよりも内容の方が目立つフォントにすることで、名刺の持ち主の情報を見せやすくなります。日本語フォントとしてはゴシック体や明朝体、教科書体などが代表的です。

金文体などのフォントも利用することが可能ではありますが、特徴的すぎて読みにくくなってしまっては本末転倒です。読みやすく、かつ印象を変える事ができるフォントを探して利用するのがよいでしょう。名刺作成ツールによっては多くのフォントが初期で仕えるものもあり、選択の幅を広げる事ができます。「飾り文字」なども適切に利用することで、全体のまとまりを作る事ができるためチェックしてみましょう。

Published by admin